店長日記

548

次の日曜日、5月13日は母の日ですね。

幸い私には母が2人います。私の母と妻の母。

日々ありがたい存在です。

思えば日頃の感謝を伝えるいい機会ですよね。母の日。

知り合いの洋蘭店さんが熊本にいます。楽天のショップオブザイヤーも獲っているとても元気な洋蘭店さんです。

毎年お願いしているのです。

これは私の母に届いたもの。札幌の母にも届くでしょう。いつもありがとうございます。

でもね、届けるのは花じゃないのですよ。気持ちなんです。

いつもありがとう!

お願いです。

どうか、どうか元気で長生きしてください。

私たちのために!

いつも本当にありがとう!

 

熊本の洋蘭点さんです。宮川さん、いつもありがとうございます。

宮川洋蘭店森水木のラン屋さん

 

あれ?そういえば私の妻も母だけど? 子供たち何か考えているのかな? ちょっと作戦会議しないとね。

春が早く来たので、剪定作業からずっと休みなしで受粉まで来ました。折角のGWですので、昨日と今日は2日間お休みをいただいています。

本当に気持ちがいい季節ですね。光が溢れるって感じがします。

今年は少しだけ家庭菜園的なことをやってみようと思います。

前回のブログでは自宅のすぐ前のポタジェでサツマイモをつくってみようと考えていたのですが、小学校の授業ででサツマイモを栽培したことがある息子に言わせると、「狭すぎる」とのこと。母屋の母に相談して母の家庭菜園の一部を使わせてもらうことになりました。

耕してマルチして30センチ間隔で苗を挿しました。これでいいのかな?

折角だから、昼前にホームセンターに行ってスイカの苗も2株買ってきました。

そうです。今年は妻は「サツマイモ番長」、私は「すいか番長」です。

 

 

さてタイトルの場所

日本の国道の最高地点は当園から割と近くにあります。先日まで冬季通行止めだった志賀草津ルートです。渋峠をほんの少し群馬県側に入ったところ。今の時期はGWですから多くの観光の方がその場所を目指すという現象がおこっています。車だけではなく、バイクのツーリングも本当に多いですね。

連休最終日だから少しは空いているだろうと思って、思い立って行ってきました。このブログではお馴染みのタイムラプス動画を撮りながら(笑)

アイフォンをセットします。

さて、ぐんぐん行くぜ!

家族も誘ってみたのですが、「いってらっしゃーいっ」だって。

気持ちがいい場所です。

まだところどころ雪が残っています。横手山スキー場はまだ一部で営業していました。Tシャツでボードをしている人もいましたよ。

空が近いのが分かる場所です。

はい、こちらがタイムラプス。

少しだけ寄り道しました。

最後は私どもの「森のりんごすりおろしジュース」でしめました(笑)

 

最後のシーンはこんな感じでアナログに撮影したわけです。

気持ちがいい場所ですよ。夏になるとまた賑わいますね。

湯田中温泉、渋温泉、そして志賀高原に観光は本当にオススメです。お声掛けいただければ精一杯アテンドしますよ。

 

さて、2日間お休みをいただいてリフレッシュできました。明日からはまたしばらく休みなしで摘花作業を進めます。

そうだ、GW明けの明日からは超強力スタッフさんも合流します。賑やかで活気づく小西園です。楽しみだな。

善光寺花回廊に行ってきました。

善光寺門前の中央通を歩行者天国にして行われれるイベント。盛況ですね。

大きなものから小さなものまでたくさん。

 

個人的にとても興味深かったのはハンギングバスケット。これは地面や花壇、プランターなどではなく、「空中空間を演出する」という素晴らしさがありますね。

いやーどれも素敵でした。

善光寺花回廊のHPはこちら

 

とか言って・・・。

 

 

結局は

 

 

 

花より団子です。

美味しかった!

もうずっと昔のことですが、私は地元の県立中野西高等学校に通っていました。そして私は三期生でした。当時地元に進学校を作ると燃えた大人たちが尽力して中野市に新設した高等学校でした。そこで私はウインドアンサンブル部(吹奏楽部)だったのですが、昨日はその一期生の先輩たちが集まるというので仲間にいれてもらって楽しい時間を過ごしました。

一期生ということは、何もない状態で入学だったわけです。先輩もいない、生徒会もない、部活ももちろんない、PTAもない。校舎も全て完成していない、高校につながっている道だって、本当に田舎の住宅街と農道を通って、田んぼの真ん中にある校舎に通っていたのです。何もないって、経験したことがない人にはきっとイメージするのが難しいでしょう。全て自分たちで作り上げた人たちです。

例えば、前列右の先輩はとっても上手なオーボエ奏者でした。ところが高校から始めたオーボエです。ここで問題。先輩がいないわけです。誰に、どうやって教えてもらうの? 1年生だけで技術も感性も高校生のレベルには到底届かない状態でコンクールに出場して惨めな思いもしたそうです。私が入る前の2年間に部活動として存続の危機が何度もあったそうです。それを乗り越えた一期生。だから今も仲が良いのでしょう。

昨日集まった部活の一期生の先輩方です。今年で50才になる年齢ですね。それだけ高校もやっと歴史を重ねたということです。初代部長の栗林先輩は、現在は川上中学校の教頭先生です。社会で中堅以上の年齢になっているわけですね。先輩方のお子さんも中野西高校を卒業している人もいるらしいです。自分のことはいつまでも若手だと思いがちですが、そんな立場なんですね。

 

おまけ

いい季節になりましたね。自宅の庭(というほどの庭ではない)です。

新緑が眩しいこどもの日になりました。

 

ポタジェを耕しました。

今年はここで妻がサツマイモを作るそうです。秋が楽しみです。

 

一昨日から昨日にかけての雨はいいお湿りになりました。そして、ずっと仕事していた私たちにも、久しぶりのお休みを与えてくれました。

今年度初のBBQです。

やっぱり炭火がいいですね。

高校の部活レクのBBQで「スモア」を教えてもらってきた息子が披露してくれました。

マシュマロを直火にあててクラッカーで挟んで食べます。これは美味しい!チョコレートがあれば本格的、ってことで途中で義弟が買ってきてくれたのですが、興奮してその写真はないのです。とっても美味しいですね。これからBBQの時の定番になりそうです。

 

さて、本日のサンふじ。

結実すると花が上を向きます。これが結実の合図。結実していない花はそのまま茎が真っ直ぐです。

早い部分はこんなにはっきりしてきています。

今年は気候がへんで、こんな年は花がダラダラ咲きます。結実は絶対条件ですので、受粉作業も念入りに、数回行いました。

場所によってはすこぶる良いですね。作業に手間がかかるかもしれませんが、結実は大事なのでこれでよいとします。

本日は朝から作業していましたが10時くらいに雨で中断。昼にもしっかり降っていたので午後は休みにするとスタッフさんたちに連絡。すると2時くらいにはとてもいい天気になりました。もったいないので一人で畑に行って摘花作業を行ってきましたよ。雨あがりは気持ちがいいです。

森のりんご すりおろしジュース

素敵な方がFBで紹介してくださいました。

ありがとうございます。

4月27日から受粉作業を行っていました。

当園ではこのような形でスピーディーに行います。

ダチョウの羽根は細かく、たっぷり花粉を含ませることができます。生の花粉を含ませ、冷凍花粉も使って中心花をめがけて置いてきます。

りんごは「自花不和合性」植物ですので、自分の品種の花粉では受粉しません。他の品種の花粉が必ず必要です。天気、気温、湿度等、授精能力ができるだけ高い時に効率よく回りたいのですが、今年のように早くからダラダラと咲く年は正直大変ですね。昨日までに一通り回ってはいますが、明日、再度念入りに仕上げ受粉する予定です。

この受粉作業は例年ですとGW後半からGW明けに行う作業なんです。そして、4月28日は大切な友人の結婚式が沖縄でありました。参加したいという気持ちも強いのですが、この受粉作業だけはりんご作りの肝です。こちらで調整できるものではなく、自然の影響でいつやるかは決まるものです。4月28日の受粉作業を終え、遠く沖縄の友人のお祝いに想いを馳せ空を見上げるとこんな雲が広がっていました。

不思議な雲だな…。

 

そして、友人の結婚式の写真がどんどん届きます。

良かったね。仁君、麻子さん。嬉しいよ。

友人たち、一緒に写りたかった。

本当におめでとう!

来年は赤ちゃんと3人で遊びに来て!

りんごの花が咲いています。

私が小西園に入ってから一番早いです。明日明後日辺りが満開だとすると、例年より12日進んでいることになります。

こんな可愛い花なんですよ。

 

それにしてもGWって必要ですか?りんご屋にとっては仕事したいのですが…。

今年の信州なかのバラまつりは

5月26日㈯ ~ 6月10日㈰ の16日間です。

沢山の皆さまのご来場をお待ちしております。 

 

信州中野市まではこんな感じです。

お車ですと信州中野インターから15分くらい。

公共交通機関ですと、長野電鉄中野松川駅から徒歩5分です。

 

今年は近くの小学校のグランドは特設駐車場として使えません。

中野市防災広場を特設駐車場にしてあり、無料のシャトルバスを運行しております。

 

さて、肝心のバラですが、ほかの植物同様に進みは早いです。

お早目のご来場をお勧めします。

 

信州なかのバラまつりの公式HPはこちら

昨日ですが、中高地区教育委員会連絡協議会の総会がありました。今回は開催地が当地山ノ内町。

当然ですが、こういうものはあらかじめ日程を組んであるものですね。総会及び研修会の後、当町で開催されるのですから当然「オモテナシ」をして差し上げたいところです。日程が組まれたときは、名物の桜を見てもらおう、と計画をしてバスの手配も行っていたのですが…。

こんな

教育長が説明するも、葉桜です…。例年ですと今がちょうど見ごろなんですが…。残念ですね。

ちなみに、例年だと

こんな感じです。今年は4月9日に撮った写真です。

残念ですね。

さて、そんなこんなも終わって懇親会の席では、普段話すことができないこともたくさん話すことが出来ました。青年会議所時代の先輩が隣町の教育委員をしているので、今回はいろんなことを教えてもらいました。知らないことが沢山ですね。それから、個人的なことも意見を頂けてありがたかったです。年に数回はゴルフでご一緒する方ですが、膝を突き合わせて話せる機会はそうそうなかったですね。

今日は雨の当地です。りんごの花も進みが足踏みですね。明日まで春の嵐とか?皆様もお気を付け下さい。私は朝から銀行回って病院のに行ってバセドウ病の検査、一度戻って事務やって、この後13時からまた病院で診察です。あれ、もうゴールデンウィークになりそうですね。りんごの花が咲いているので、私どもは休みなしです。ははっ。

日曜日の朝。

園地の見回りから自宅に戻ったらどうも静かで違和感がありました。娘はテニスの大会、妻も同行。

二階に行くと息子が勉強中。関心関心。

あれ?

4匹いるはずの犬が3匹しかいないぞ?

 

探していたらこんなところにいました。

名前:もずく

犬種:チワワ(血統書あり)メス

年齢:11才

そっか、ここなら安心だ。

 

実はこの子、最近「肺水腫」という病気になってちょっと大変だったんです。

その時のレントゲン写真がこれ

よくわからないのですが、肺に水がたまっていて呼吸がうまくできない状態です。

心臓の薬を入れて、利尿剤も入れて、高濃度酸素のICUに入って約半日で元気になりました。ホッとしたよ。で、まだちょっと心配だったりします。他の子と遊んで興奮したりするのは避けたいし、呼吸が乱れていないかチェックもしたいのです。我が家では普段、犬たちは1階にいて2階に上げないように階段手前にゲートをつけてあります。誰もいないから息子が自室に連れて行ってくれていたんですね。

 

さて、今は一日3回すべての園地を見回っています。開花のステージを確認するためです。ふじも早いところは開花が確認されました、。例年より12日進んでいる状態です。咲きそろうまでは少し時間が掛かりますが、開花直前防除は天気予報を考慮すると明日行ったほうがよさそうです。これから数日間はりんご造りには肝となる時期になります。

28日土曜日に沖縄の友人が結婚式するのです。ギリギリまで判断を送れせましたが、ちょうど受粉作業のピークです。本当に、本当に残念ですが、我々の仕事ではこの時期だけは動けません。しかも自分でスケジュールできないのですよ。本当に残念です。

ごめんね、具志堅仁くん麻子さん。遠く信州からお祝い申し上げます。

ふじりんごの花が咲きそうです。

中心花がバルーン状になっているのが確認できます。

同じ樹でも南北、高さでステージに若干の差があります。

北側の花の茎がしっかりと分離したタイミングで黒星病という病気の防除を行います。これはとても大事な殺菌効果があります。

 

こちらは王林という品種

ふじより3~4日ステージは早く推移していきます。

速い場所は咲き始めましたね。速い場所というのは日当たりがとてもよく地面に近く照り返しもあるような場所ですね。道際に多いです。王林はふじの受粉樹としては和合性が高くとても有効です。

小西園史上最も早いステージの進行です。正直よくないことが予想されています。

一昨年のようなことが起こらなけばいいのですが…。

一昨年は4月10日に桜が咲いているのに積雪がありました。この事態で、芽の中のりんごの花に重大なダメージが発生して、果実として使う中心花が咲いても雌しべが解けているような状態でした。地域の先輩方が言うには50年やってきて一番ダメな年だったのです。

そして、今年は一昨年よりもステージは進んでいますが、4月8日に積雪がありました。状況としては一昨年よりも厳しいことは解っています。

本来であれば芽が動き出してもそのころはまだ花芽分化の進みはそれほどではなく、寒の戻りに耐えられるのです。温暖化が進んでいるせいでしょうか?異常に早く季節が進み、植物の動きも早く推移していきますが、寒の戻りでやられてしまうのが温暖化の怖いところです。

やれやれです。知恵だして頑張りますよ!自然現象等、抗えないところはどうしよもないのですから、今ある状況の中でベストを尽くします。

 

おまけ

昨日中学3年生の娘が主学旅行から帰ってきました。こんな素敵なお土産をもらったので、早速普段使いのバッグに付けました。

うれしいな。

あの真顔でお馴染みの

FULL POWER MIDDLE(フルパワーミドル)

大西氏が 2度目の紹介をしてくれました!

 

この人、広報ジャンルの人です。だからとっても嬉しいです。

このページ↓

飲んでみたら…相当ヤバかった。志賀高原「小西園」の天然りんごジュースが衝撃的…。

動画も作ってくれました!

是非ご覧ください。

 

 

 

そしてこの顔!

 

 

真顔部の大西氏さえ笑顔になってしまうということですね!

 

さて、その森のりんごすりおろしジュースは大好評発売中!

今は搾りたてが楽しめますので、是非お早目にご注文下さい!

ご注文はこちらから

 

前回のブログで枝焚きのことを書きましたが、今回はその枝焚きの熾きを利用する話です。

その利用とは、焼き芋!ヤキイモ!YAKIIMO!

新聞紙に包み濡らしてからさらにアルミホイルで包みます。

それを熾になってから入れます。

わかりにくいですが手前のもっこりの中に入れてあります。

そして放置。

50分後に出してみましょう。

こんな感じ。

アルミホイルと新聞を外すと、とってもいい感じ!

左が安納芋 右がふつうのジャガイモ

アツアツ、ホクホク フーフー言いながら食べます。

たまりません。

小西園ではスタッフさんも焼いて持って帰ります。完全にハマりました。

今日も枝焚きをしたので、明日また熾をつかって焼公と思います。

お近くの方、お芋もって来たら焼けますよ!

昨年は4月19日に行っていた作業です。

剪定で落とした枝を焼却処分します。


今年は尋常ではないくらい春が早くあわただしい日々です。休みなしで続けていた開花前の作業もこれでひと段落。

これから開花までは園地の整備や事務に集中します。

それにしても慌しいな。

例年だと4月23日くらいの桜も、今が満開です。

 

全国的に春が駆け足でやってきています。桜も例年よりだいぶ早くに咲き始めていますし、季節が全て進みが早いですね。

温暖化の影響なのでしょうか?

当園には4月7日にツバメがやってきました。本当に早いです。

ニュースでは明るい口調で桜の開花を伝えていますが、私どもにとってはこの異常な気象はとても怖いものです。

ツバメが来たのに8日の朝は

雪が積もりました!

一昨年の悪夢が蘇ります。

一昨年は4月10日に桜が咲いているのに雪が降りました。この時の低温で、開花前の芽の中でりんごの花に重大なダメージがありました。花の時期の霜も怖いのですが、一昨年の状況はこれまで誰も過去に経験したことがない事態でした。開花してもりんごの果実に使いたい花の雌しべがない!それでは結実しない!そんな状況でした。地域の先輩に聞いても「50年やってきて一番ダメな年だ」というほどです。

そして、今年は8日。一昨年より成長のステージは進んでいます。これがどう出るか?状況的には深刻であろうことだけは予測できています。

これが温暖化が進むと怖いと言われている最たるものです。地温が上がり成長が始まる。そのまま気温が上がっていればまだしも、当然のように時々寒の戻りがあって、成長ステージが進んでいると重大なダメージが発生するということです。

また秋も気温が下がらないため着色、蜜入りに時間ががかるようになっています。事実、私が就農した2000年はふじの収穫は11月8日から行っていました。それまでは毎年のスケジュールだったそうです。それが今では11月20日くらいにならないと収穫が出来る状態になりません。

ため息が出ます。

 

 

まあ、それはそれとしてせっかくの桜も楽しまなきゃね。

近くの宇木という地域の古代桜です。今が見ごろですね。

 

昨日やっとりんごの選定作業が終わりました。例年より日程的には作業は進めていたのですが、季節の進みのほうが早くギリギリです。りんごが終わったのでようやく少しだけあるプルーンの剪定に掛かりました。そして今日、

プルーンの花が咲く始めました。

例年では4月20日くらいの花です。やっぱり10日くらい早いですね。

りんごの花も早そうです。

 

通常だと剪定作業を終わらせて、りんごの花が咲くまでに園地や事務の整理を行って、少し遊びに行くくらいの余裕もあるのですが、今年は全く余裕がありません。枝を片付けて焼却したり、樹体の病気を処理したり、大忙しです。

頑張らないとね。

 

あ、仕事以外のことも大忙しですね。この時期は特に。

今日は隙間時間で仕事しているような感じになってしまいました。頑張るぞ!

本日から発送開始します。

昨日搾ってきました。

まだ少し温かいです。当に搾りたて!

ご注文をいただいている順番で発送を行います。もう少々お待ちください。

 

トラックで飯田の工場に向かいます。当園からは3時間くらい。

飯田は当地よりが10日ほど季節が進んでいます。

つくしが元気に空に向かって伸びています。

工場にりんごを入れて、搾ってもらっている間、飯田の街を回っていました。

ちょうど桜が満開です。いい季節に当たりました。

元善光寺を見て、近くの舞台桜まで見物に。それはそれは見事でしたよ。

あ、今回は春休み中の娘と妻が同行してくれたので、楽しい日帰り旅行気分も味わえました。美味しいランチも食べたしね。

 

それでは本日から搾りたての状態で発送を致します。

もちろんまだまだございますので、ご注文いただければすぐに発送可能です。ご注文をお待ちしております。

ご注文はこちらから

http://www.konishien.com/product-list/5

4月5日

長野県の公立小中学校では入学式のピークです。

教育委員として小学校、中学校の入学式に参加してきました。

 

こちらは小学校。31名入学です。

私が小学生のころは40名くらいのクラスが4つありました。今は1クラスです。

寂しいものもありますね。

 

こちらは中学校。

30名2クラス 31名1クラス の 3クラス

こちらも私たちの頃は45名で7クラスありました。

本当に子供が少ない状況です。

 

子どもたちが大学や就職で外に出ても、戻ってきたい町として魅力的な町を大人が作らなきゃ地域の未来はないですね。

 

搾りたて!すりおろしリンゴジュース予約開始!果肉入りのプレミアム感をお楽しみください!
http://www.konishien.com/product/50


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
贈答用サンふじりんごなら「小西園」!
創業60余年の実績。鮮やかな美味しさにこだわった
サンふじ専門園ならではの味と香りと蜜で、最高のギフトを御届け!
http://www.konishien.com/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




こんにちは
サンふじ専門農園小西園の黒岩博之です。
山ノ内町もずいぶんと春めいていきました。
今年は春の進みがとても早く、例年より10日程進んでいるようです。
間もなくりんごの花も咲きそうです。

30年度も皆様にご満足いただけるりんごをお届けするために、スタッフ一同全力で励んでおります。



☆───森のりんご すりおろしジュースのご案内────☆



《森のりんご すりおろしりんごジュース》
☆☆☆ 搾りたてを特別価格にてご提供 ☆☆☆

昨年度、あっという間に完売してしまったすりおろしりんごジュース。
搾りたて販売の予約を受け付けたところ、私どもの想像をはるかに超える反響でした!
今年も搾りたて販売の受付を開始いたします!

4月6日にサンふじ専門農園小西園の特秀りんごを搾ります。
メルマガを読んでいただく会員様に『搾りたて』の状態でお届けします。
4月7日から発送を開始します。
そして限定60箱を搾りたて発送予約特別価格でご提供いたします!
今日から予約受付を開始します!
新発売特別数量限定です。ぜひご賞味くださいませ!

《搾りたて発送予約受付中!!!》森のりんご すりおろしジュース

森のりんご すりおろしジュース ふじ 3本セット
http://www.konishien.com/product/50

森のりんご すりおろしジュース ふじ 6本セット
http://www.konishien.com/product/51

森のりんご すりおろしジュース 名月 3本セット
http://www.konishien.com/product/52

森のりんご すりおろしジュース 名月 6本セット
http://www.konishien.com/product/53



これまでもりんごジュースは販売していましたが、
これまでのジュースとは全く違うジュースになります。

商品開発にあたり、飲料を作ることが目的ではありませんでした。

サンふじ専門農園小西園では、りんごの味に関しては絶対の自信を持っています。
しかしながらりんごは旬の果物。いつまでも美味しい状態で召し上がって頂くことはできません。

私たちは考えました。
なんとかこのりんごの味そのものを一年中楽しむことができないだろうか…。

その過程で「果肉をすりおろして真空保存したらどうか」というアイディアが浮かびました。
試作を重ね、たどり着いたのがすりおろした果肉がたっぷり入ったジュースなのです。

一般的なリンゴジュースは、生食に向かない果実を加工用に選別して使用しますが、
サンふじ専門農園小西園は違います。
弊園でレギュラー販売している『特秀』ランクの果実だけを使用して搾ります。

味には絶対の自信を持っている私どもの、生食用として最高品質のりんごを使った
《森のりんご すりおろしりんごジュース》は
味、香りが違います!
摩り下ろした果肉がたっぷり入って、冷やしても、温めても美味しい飲料に仕上がります。

どうかご賞味いただきたいと思います。

『搾りたて』での発送を予定しております。
また数に限りがございますので、お早めにご注文いただきたくお願いします。





小西園ブログも日々更新しています。
http://www.konishien.com/diary



<ご請求書について>

いつ届くのか?請求書が入っていない、といったお問い合わせをたくさんいただきます。
申し訳ありません。
りんごやりんごジュースはご贈答用に使われることが多いので、
お届けした先でどのようにお使いになるか、
私どもでは判断ができませんもので、請求書を入れることは一切しておりません。
製品発送後に封書にて請求させていただきます。
よろしくお願いいたします。

<美味しく召し上がっていただくために>

「日持ちは何日ですか?」「りんごの美味しい保存方法は?」「自家用りんごは買えないの?」
よくあるご質問についてお答えしました。

http://www.konishien.com/page/10




*************************************
[ サンふじ専門農園 小西園 ]

〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏4539

E-MAIL : info@konishien.com
TEL : 0269-33-2712
FAX  : 0269-33-2710
URL : http://www.konishien.com/
*************************************